ポリシー

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

頚椎椎間板ヘルニアの治療にレーザ手術は万能か?

頚椎椎間板ヘルニアの治療では、PLDDによるレーザー手術が有名です。レーザ手術は麻酔や切開は一切不要で、注射針を頚椎椎間板ヘルニアの患部に刺し、レーザで焼いて蒸発させるために、頚椎椎間板ヘルニアの治療手術を約15分で終わらせることが出来ます。手術後も1時間ほど休んだ後ですぐに帰宅可能で、2〜3日ほど安静にしていれば職場復帰も事務職ならば可能とのコト。


頚椎椎間板ヘルニアの治療には万能そうなレーザ手術ですが、症状によって向き不向きがあるみたいです。向いているのは中等度までの頚椎椎間板ヘルニアで、リハビリやブロック注射の治療では効果が思わしくなかったケースや、ヘルニアの手術を勧められたが、それ程までと思うようなケース。


逆に頚椎椎間板ヘルニアの治療にレーザー手術が不向きなケースは、頚椎椎間板ヘルニアが巨大で座っている事もできない強痛のケースと、頚椎椎間板ヘルニアが転位していて、患部に針の刺入が困難なケース。この場合の治療には経皮的内視鏡ヘルニア摘出術があります。あと脊柱管狭窄症が明確なケースの治療には、内視鏡下脊柱管拡大術という手術があります。


つまり頚椎椎間板ヘルニアが重度の症状になってからの治療にはレーザ手術は不向きのようです。どんな病気でもやはり基本は早期発見、早期治療だと思います。頚椎椎間板ヘルニアの症状が比較的軽いうちに治療を行い、少なくともレーザー手術が行えるまでに対策をしたいものです。ただ頚椎椎間板ヘルニアのレーザ治療の難点としもう一つ、保険適応外の自費診療になってしまうことでしょうか。

頚椎椎間板ヘルニアの症状によっては手術が必要

頚椎椎間板ヘルニアの症状も軽度なものから重度のものまであり、重度の障害が発生するものには手術が必要になります。頚椎椎間板ヘルニアの症状が重度なものは脊髄の障害のため、歩行障害や四肢の痺れ、排尿・排便障害などの深刻なもので、かなりの激痛があるため夜も眠れないほど深刻なものらしいです。手術も嫌ですが、頚椎椎間板ヘルニアの症状がそこまで進んでしまうと背に腹は変えられませんので、手術を選択するしか無いでしょう。


頚椎椎間板ヘルニアの手術的治療としては、脊髄を圧迫する飛び出た病変を除去して、減圧する目的での手術になります。大きく分けると前方からの手術と後方からの手術の2種類があるそうです。


ただ今の医療技術の発展により、病状の画像を多方面から確認することが出来るのは良いですね。頚椎椎間板ヘルニアがどのような箇所で、どのような原因で発生し、今後の経過や症状の予測ができるため、症状によっては自然治癒と手術の選択も出来るわけですし、頚椎椎間板ヘルニアの症状によっては手術をしないといけないのでしょうけど、どこをどのように切除すれば良いのか分かったうえでの手術ですものね。


でも、そう考えると昔は大変だったんだろうなと思います。今でも切って開けてみないと何とも分らない手術もありますけど、昔は頚椎椎間板ヘルニアの症状と簡易なレントゲンだけが頼りで手術だった訳ですものね。


ただ色々な人の体験談を拝見してみると、頚椎椎間板ヘルニアの手術は見てるだけで痛そうでした。

頚椎椎間板ヘルニアは保存治療で症状を改善

どんな病気であっても、治療の基本はやはり安静にすること。それは頚椎椎間板ヘルニアでもどうようであり、保存治療は特に症状を改善する上で重要のようです。安静にするということは、野生の動物と同じように、生体のもつ自己修復再生能力が身体の故障した部位をしだいに修復していくからです。


安静にすることにより、頚椎椎間板ヘルニアの痛みを起こさせる刺激を抑え、神経そのものの過敏状態を鎮静されるのも効果的なので、この保存治療が症状を抑える効果があるのです。これは頚椎椎間板ヘルニアの痛みだけではなく、しびれや運動神経の麻痺にもある程度は治療効果があり症状を改善させます。


頚椎椎間板ヘルニアの治療は、局所と上肢の症状に対しては徹底した保存療法が効果をそうします。頚椎椎間板ヘルニアの保存療法の基本は、「頚椎に負担をかけないこと」による症状の改善になります。


頚椎椎間板ヘルニアが急性で症状が強いときには、少々の胃腸障害やむくみなどの副作用がありますが、治療のため効き目の強い薬をを短期間だけ使用し、椎間板ヘルニアの症状がそれほど強くないときには、効き目は弱くても副作用の少ない薬を服用します。


頚椎椎間板ヘルニアの治療では症状を見ながら判断を行いますので、必ずしも手術をするという訳ではありません。医療技術は進歩してきていますが、それでも手術には当然のことながらリスクもあります。頚椎椎間板ヘルニアの治療は保存治療が基本であり、それで症状が改善できるのが理想でしょう。

頚椎頚椎椎間板ヘルニアの治療には初期診断が大切

頚椎椎間板ヘルニアの初期症状は、腰痛のみのことが多いようです。あとは脚の痛みやしびれを伴ってきます。さらに腰痛と左右どちらかの脚の痛みを現すことが多いようです。頚椎椎間板ヘルニアの治療のため病院を訪れると、ただの腰痛や寝違いと間違って診断されてしまうことがあるようです。でも初期症状のうちに頚椎椎間板ヘルニアの治療を行なうことが出来れば、より早く簡単に治療を行なうことが出来ます。


頚椎椎間板ヘルニアについて、あらためて説明をして見ます。頚椎椎間板ヘルニアの症状が出る腰椎は、腰の部分を構成する背骨で、5つの椎骨から構成されています。上から順に第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、そしていちばん下が第5腰椎です。それぞれの腰椎には椎間板が挟まっており、椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのような役割きをしています。その構造はですが、中心に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪があります。機械に例えるならば、髄核はボールベアリング、線維輪はバネの役割を担います。この椎間板の線維輪から中の髄核が飛び出し、神経を圧迫した病態が腰椎頚椎椎間板ヘルニアです。


頚椎椎間板ヘルニアの治療と初期診断についてですが、どの神経が圧迫されているのか、頚椎椎間板ヘルニアの初期でもおおよその予想は可能です。すなわち坐骨神経痛があるかどうかの診断は可能なのですが、その原因が頚椎椎間板ヘルニアかどうかは、身体所見からだけではわかりませんので、CTやMRIで頚椎椎間板ヘルニアを確認するそうです。


頚椎椎間板ヘルニアの症状は初期段階で検査

頚椎椎間板ヘルニアは年齢的な椎間板の変化(もしくは変性)が基盤にあり、それに腰椎への運動負荷が加わることにより起こります。腰椎椎間板の変化・変性がある程度まで進んでいる状態で、なおかつ腰椎への運動負荷の多い年代、すなわち20〜40代から発症するようになり、30〜50代で危険度が増します。


頚椎椎間板ヘルニアの症状は初期段階で検査と診断を行なうのが良いのでしょうね。何事も早目の対策が肝心。日常生活が忙しいため、ついこれぐらいは平気と考えずに頚椎椎間板ヘルニアの症状が出始めたら初期のうちに診断するのが良いでしょう。


頚椎椎間板ヘルニアの初期症状の現れ方は、腰痛のことが多いみたいです。これが次第に手足の痛みや痺れが伴ってくるようになります。得に痺れは危険信号ですよね。頚椎椎間板ヘルニアにより脊椎が圧迫され症状が初期段階を超え始めた兆しです。


少しでも引っかかるならば、頚椎椎間板ヘルニアの症状が軽度な初期段階のうちの検査をしておきましょう。TV番組でも、良くある症状が重病の兆しなんてのもありますしね。


頚椎椎間板ヘルニアの検査については、理学所見でどの神経が圧迫されているのかおおよその予測は可能だそうです。X線検査ではなくCTやMRIで頚椎椎間板ヘルニアの症状を確認するため、具体的な画像として現状を把握できます。


歩けなくなったりと言った重度の脊椎障害になる前に、頚椎椎間板ヘルニアの症状が初期の段階での検査と診断を心がけましょう。


頚椎椎間板ヘルニアの実体と、手術の必要の無い初期ヘルニア

医療機関で受診して頚椎椎間板ヘルニアと診断された場合、どの様な処置が取られるかというと、まず
消炎鎮痛剤・筋弛緩剤等の注射を含めた投薬、次に
消炎鎮痛剤の含まれた塗布薬の塗布。
その次の段階で
消炎鎮痛剤の含まれた湿布等の貼付し、



安静指導。


それで
痛みが消失しない場合には、牽引療法・温熱療法・電気療法。
それでも痛みが消失しない場合には、外科手術

となります。


ちなみに、整形外科での椎間板ヘルニアの手術件数が、15年前の1/10になっているとか。つまり15年前には、9/10の不必要な手術が行われていた事になります。なぜこの様な事なったのかというと、ヘルニアの程度を無視していたた為のようです。ヘルニアの程度には膨隆ヘルニアと嵌頓ヘルニアがあり、前者は手術せずに済む初期の椎間板ヘルニアであり、後者は手術が必要な椎間板ヘルニアです。


そして、多くの椎間板ヘルニアは、初期には膨隆ヘルニアの状態であり、放置する事によって次第に嵌頓ヘルニアの状態に移行して行くものと考えられ、頚椎椎間板ヘルニアも初期の早期加療によって手術せずに済む場合が殆どであったのではないかと思われます。


でもこれは、患者の立場ではとんでもない話のように思います。手術の必要が無い初期の頚椎椎間板ヘルニアも、ほとんど手術してたってことですよね?医療技術の進歩という見方というか、言い訳もあるかと思いますが、そのときの常識になっている事例に疑問を持たなかったから、手術の必要が無い初期の頚椎椎間板ヘルニアまでも手術してしまったんでじょうけど。


頚椎椎間板ヘルニアで手術が必要になる交通事故について

交通事故相談サイト、交通事故110番というホームページの、頚・腰部捻挫の徹底研究と言うところで、興味深い内容のページがあったので御紹介いたします。


損保協会が保険屋さんに関わり合いをもつ弁護士を伊豆の医研センターに集めて、東京海上メディカルサービス株式会社の取締役第2医療部長の佐藤雅史医師を講師に招き、頚部損傷の研修を実施し他のだそうです。ここでの研修の骨子では「交通事故では頚椎椎間板ヘルニアは発生しない!」となっています。ただ、この内容には大きな語弊があるように思われます。何故ならば「猿を使った実験では、如何なる衝撃を加えようとも頚椎椎間板ヘルニアは発症しない?」という、何ともいえない実験を根拠にしているからです。そして結論は、頚椎椎間板ヘルニアを訴える被害者の大多数は元々から頚椎椎間板ヘルニアの既往歴があり、交通事故受傷によるものではないとして損害賠償を否定する、もしくは大幅な減額を講じる必要があると結んでいるのです。


当然のことながら「猿が自動車を運転していて、私の車を追い抜いた」という経験はしておりませんので、猿を使った実験が直ちに人間にも当てはまるなんて暴論は許し難いと考えております。そして何よりも「加害者よりも、被害者が年を取っていたのが悪い!」と言わんばかりの論法には怒りさえ覚えるのです。実際に頚椎椎間板ヘルニアで手術が必要になる交通事故は発生していると考えます。


しかしながら交通事故による外傷性の頚椎椎間板ヘルニアは、以下の4つの要件を満たしていれば認められます。


・椎間板が脱出するほどの外力を受けていること。
・MRI上、ヘルニアを示す部位が1ないし2ヶ所であること。
・その他の部位に椎間板の変性、膨隆、突出が認められないこと。
・受傷後、比較的早期にヘルニアの部位に合致した神経学的な症候を示していること。


頚椎椎間板ヘルニアで手術が必要になる交通事故といえば当然のことながら大怪我だと思います。始めからそうだったと言われれば、少し殺意も芽生えるかもしれませんよね。


頚椎椎間板ヘルニアで治療中の交通事故にあわれたかた

交通事故によって頚椎椎間板ヘルニアになり治療中の方も沢山おみえになると思います。交通事故による椎間板ヘルニアで症状が治療によってもなかなか良くならないケースが色々とあるみたいですね。


まずは交通事故で「頚椎椎間板ヘルニア」の治療をされている方。この場合は、事故前から無症状の椎間板ヘルニアがある場合がほとんどで、一度の交通事故で椎間板ヘルニアが飛び出すことは非常にまれのようです。


次に交通事故で「頚部脊柱管狭窄症」の治療をされている方。この場合は、生まれつき脊髄が入っている頚椎の脊柱管が狭い人であったり、頚椎の老化現象で脊柱管が狭くなった人のケースみたいです。


あとは交通事故で「バレリュー症候群」の治療をされている方。この場合は、自律神経系の症状や軽度の脳神経の症状が出ているケース。


さいごに、これが一番厄介なのかもしれませんが「精神的苦痛」というもの。被害者意識というか、自分は悪くないのにというものですね。元々個人的に複雑な事情をかかえている場合や、 被害者自身の性格なども影響してきます。頚椎椎間板ヘルニアは治療によって完治させることも出来ますが、交通事故での精神的な傷はカウンセリングだけしか治療の手段はなく、更に交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの痛みと、頚椎椎間板ヘルニアの治療による苦痛が精神的苦痛をより深いものにしていき、治療が困難になってしまします。


交通事故については、加害者にも被害者にもならないように、日々の注意が必要だと思います。


頚椎椎間板ヘルニアの症状が交通事故によって発生したのか?

交通事故の判例で、頚椎椎間板ヘルニアの症状が交通事故との因果関係を認めた例と、頚椎椎間板ヘルニアの症状が交通事故との因果関係を否定している例とがあるみたいですね。


この場合の頚椎椎間板ヘルニアの症状が交通事故との因果関係を認めたか否定したかというのは、元々頚椎椎間板ヘルニアの症状が兆しが見えていたため交通事故による外傷性のものだけではないと判断したのか、頚椎椎間板ヘルニアの症状が全くなかったので交通事故による外傷性によるものかということ。


外傷性頚椎椎間板ヘルニアかどうかと言うことですね。でも、検査とかでその兆しがあったがために、交通事故との寄与割合を50パーセントとかに削られたら、気分的には嬉しくないですよね。これが自損事故でならまだ納得が行くのでしょうけど、ぶつけられた側だとしたらとても嫌です。頚椎椎間板ヘルニアの症状は、交通事故さえなければ発症しなかったものですから、しっかりと認めてくれれば良いのにって思ってしまいます。ただ、もちろんお金が絡むことなので、シビアにならないと駄目なんでしょうけど。加害者側の発想にまわると、そういう見方もあるかもしれません。


でも、頚椎椎間板ヘルニアを患ったことがある裁判官で、頚椎椎間板ヘルニアの症状を身にしみて理解していた場合、この交通事故による判例は変わるのかと、ふとした疑問を感じました。中立公平であるはずの裁判官でも、つい甘くなっちゃうこととかは無いんでしょうかね?