頚椎椎間板ヘルニアの治療にレーザ手術は万能か?

頚椎椎間板ヘルニアの治療では、PLDDによるレーザー手術が有名です。レーザ手術は麻酔や切開は一切不要で、注射針を頚椎椎間板ヘルニアの患部に刺し、レーザで焼いて蒸発させるために、頚椎椎間板ヘルニアの治療手術を約15分で終わらせることが出来ます。手術後も1時間ほど休んだ後ですぐに帰宅可能で、2〜3日ほど安静にしていれば職場復帰も事務職ならば可能とのコト。


頚椎椎間板ヘルニアの治療には万能そうなレーザ手術ですが、症状によって向き不向きがあるみたいです。向いているのは中等度までの頚椎椎間板ヘルニアで、リハビリやブロック注射の治療では効果が思わしくなかったケースや、ヘルニアの手術を勧められたが、それ程までと思うようなケース。


逆に頚椎椎間板ヘルニアの治療にレーザー手術が不向きなケースは、頚椎椎間板ヘルニアが巨大で座っている事もできない強痛のケースと、頚椎椎間板ヘルニアが転位していて、患部に針の刺入が困難なケース。この場合の治療には経皮的内視鏡ヘルニア摘出術があります。あと脊柱管狭窄症が明確なケースの治療には、内視鏡下脊柱管拡大術という手術があります。


つまり頚椎椎間板ヘルニアが重度の症状になってからの治療にはレーザ手術は不向きのようです。どんな病気でもやはり基本は早期発見、早期治療だと思います。頚椎椎間板ヘルニアの症状が比較的軽いうちに治療を行い、少なくともレーザー手術が行えるまでに対策をしたいものです。ただ頚椎椎間板ヘルニアのレーザ治療の難点としもう一つ、保険適応外の自費診療になってしまうことでしょうか。