頚椎椎間板ヘルニアで治療中の交通事故にあわれたかた

交通事故によって頚椎椎間板ヘルニアになり治療中の方も沢山おみえになると思います。交通事故による椎間板ヘルニアで症状が治療によってもなかなか良くならないケースが色々とあるみたいですね。


まずは交通事故で「頚椎椎間板ヘルニア」の治療をされている方。この場合は、事故前から無症状の椎間板ヘルニアがある場合がほとんどで、一度の交通事故で椎間板ヘルニアが飛び出すことは非常にまれのようです。


次に交通事故で「頚部脊柱管狭窄症」の治療をされている方。この場合は、生まれつき脊髄が入っている頚椎の脊柱管が狭い人であったり、頚椎の老化現象で脊柱管が狭くなった人のケースみたいです。


あとは交通事故で「バレリュー症候群」の治療をされている方。この場合は、自律神経系の症状や軽度の脳神経の症状が出ているケース。


さいごに、これが一番厄介なのかもしれませんが「精神的苦痛」というもの。被害者意識というか、自分は悪くないのにというものですね。元々個人的に複雑な事情をかかえている場合や、 被害者自身の性格なども影響してきます。頚椎椎間板ヘルニアは治療によって完治させることも出来ますが、交通事故での精神的な傷はカウンセリングだけしか治療の手段はなく、更に交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの痛みと、頚椎椎間板ヘルニアの治療による苦痛が精神的苦痛をより深いものにしていき、治療が困難になってしまします。


交通事故については、加害者にも被害者にもならないように、日々の注意が必要だと思います。