頚椎頚椎椎間板ヘルニアの治療には初期診断が大切

頚椎椎間板ヘルニアの初期症状は、腰痛のみのことが多いようです。あとは脚の痛みやしびれを伴ってきます。さらに腰痛と左右どちらかの脚の痛みを現すことが多いようです。頚椎椎間板ヘルニアの治療のため病院を訪れると、ただの腰痛や寝違いと間違って診断されてしまうことがあるようです。でも初期症状のうちに頚椎椎間板ヘルニアの治療を行なうことが出来れば、より早く簡単に治療を行なうことが出来ます。


頚椎椎間板ヘルニアについて、あらためて説明をして見ます。頚椎椎間板ヘルニアの症状が出る腰椎は、腰の部分を構成する背骨で、5つの椎骨から構成されています。上から順に第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、そしていちばん下が第5腰椎です。それぞれの腰椎には椎間板が挟まっており、椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのような役割きをしています。その構造はですが、中心に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪があります。機械に例えるならば、髄核はボールベアリング、線維輪はバネの役割を担います。この椎間板の線維輪から中の髄核が飛び出し、神経を圧迫した病態が腰椎頚椎椎間板ヘルニアです。


頚椎椎間板ヘルニアの治療と初期診断についてですが、どの神経が圧迫されているのか、頚椎椎間板ヘルニアの初期でもおおよその予想は可能です。すなわち坐骨神経痛があるかどうかの診断は可能なのですが、その原因が頚椎椎間板ヘルニアかどうかは、身体所見からだけではわかりませんので、CTやMRIで頚椎椎間板ヘルニアを確認するそうです。