頚椎椎間板ヘルニアの治療にレーザ手術は万能か?

頚椎椎間板ヘルニアの治療では、PLDDによるレーザー手術が有名です。レーザ手術は麻酔や切開は一切不要で、注射針を頚椎椎間板ヘルニアの患部に刺し、レーザで焼いて蒸発させるために、頚椎椎間板ヘルニアの治療手術を約15分で終わらせることが出来ます。手術後も1時間ほど休んだ後ですぐに帰宅可能で、2〜3日ほど安静にしていれば職場復帰も事務職ならば可能とのコト。


頚椎椎間板ヘルニアの治療には万能そうなレーザ手術ですが、症状によって向き不向きがあるみたいです。向いているのは中等度までの頚椎椎間板ヘルニアで、リハビリやブロック注射の治療では効果が思わしくなかったケースや、ヘルニアの手術を勧められたが、それ程までと思うようなケース。


逆に頚椎椎間板ヘルニアの治療にレーザー手術が不向きなケースは、頚椎椎間板ヘルニアが巨大で座っている事もできない強痛のケースと、頚椎椎間板ヘルニアが転位していて、患部に針の刺入が困難なケース。この場合の治療には経皮的内視鏡ヘルニア摘出術があります。あと脊柱管狭窄症が明確なケースの治療には、内視鏡下脊柱管拡大術という手術があります。


つまり頚椎椎間板ヘルニアが重度の症状になってからの治療にはレーザ手術は不向きのようです。どんな病気でもやはり基本は早期発見、早期治療だと思います。頚椎椎間板ヘルニアの症状が比較的軽いうちに治療を行い、少なくともレーザー手術が行えるまでに対策をしたいものです。ただ頚椎椎間板ヘルニアのレーザ治療の難点としもう一つ、保険適応外の自費診療になってしまうことでしょうか。

頚椎椎間板ヘルニアは保存治療で症状を改善

どんな病気であっても、治療の基本はやはり安静にすること。それは頚椎椎間板ヘルニアでもどうようであり、保存治療は特に症状を改善する上で重要のようです。安静にするということは、野生の動物と同じように、生体のもつ自己修復再生能力が身体の故障した部位をしだいに修復していくからです。


安静にすることにより、頚椎椎間板ヘルニアの痛みを起こさせる刺激を抑え、神経そのものの過敏状態を鎮静されるのも効果的なので、この保存治療が症状を抑える効果があるのです。これは頚椎椎間板ヘルニアの痛みだけではなく、しびれや運動神経の麻痺にもある程度は治療効果があり症状を改善させます。


頚椎椎間板ヘルニアの治療は、局所と上肢の症状に対しては徹底した保存療法が効果をそうします。頚椎椎間板ヘルニアの保存療法の基本は、「頚椎に負担をかけないこと」による症状の改善になります。


頚椎椎間板ヘルニアが急性で症状が強いときには、少々の胃腸障害やむくみなどの副作用がありますが、治療のため効き目の強い薬をを短期間だけ使用し、椎間板ヘルニアの症状がそれほど強くないときには、効き目は弱くても副作用の少ない薬を服用します。


頚椎椎間板ヘルニアの治療では症状を見ながら判断を行いますので、必ずしも手術をするという訳ではありません。医療技術は進歩してきていますが、それでも手術には当然のことながらリスクもあります。頚椎椎間板ヘルニアの治療は保存治療が基本であり、それで症状が改善できるのが理想でしょう。

頚椎頚椎椎間板ヘルニアの治療には初期診断が大切

頚椎椎間板ヘルニアの初期症状は、腰痛のみのことが多いようです。あとは脚の痛みやしびれを伴ってきます。さらに腰痛と左右どちらかの脚の痛みを現すことが多いようです。頚椎椎間板ヘルニアの治療のため病院を訪れると、ただの腰痛や寝違いと間違って診断されてしまうことがあるようです。でも初期症状のうちに頚椎椎間板ヘルニアの治療を行なうことが出来れば、より早く簡単に治療を行なうことが出来ます。


頚椎椎間板ヘルニアについて、あらためて説明をして見ます。頚椎椎間板ヘルニアの症状が出る腰椎は、腰の部分を構成する背骨で、5つの椎骨から構成されています。上から順に第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、そしていちばん下が第5腰椎です。それぞれの腰椎には椎間板が挟まっており、椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのような役割きをしています。その構造はですが、中心に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪があります。機械に例えるならば、髄核はボールベアリング、線維輪はバネの役割を担います。この椎間板の線維輪から中の髄核が飛び出し、神経を圧迫した病態が腰椎頚椎椎間板ヘルニアです。


頚椎椎間板ヘルニアの治療と初期診断についてですが、どの神経が圧迫されているのか、頚椎椎間板ヘルニアの初期でもおおよその予想は可能です。すなわち坐骨神経痛があるかどうかの診断は可能なのですが、その原因が頚椎椎間板ヘルニアかどうかは、身体所見からだけではわかりませんので、CTやMRIで頚椎椎間板ヘルニアを確認するそうです。


頚椎椎間板ヘルニアで治療中の交通事故にあわれたかた

交通事故によって頚椎椎間板ヘルニアになり治療中の方も沢山おみえになると思います。交通事故による椎間板ヘルニアで症状が治療によってもなかなか良くならないケースが色々とあるみたいですね。


まずは交通事故で「頚椎椎間板ヘルニア」の治療をされている方。この場合は、事故前から無症状の椎間板ヘルニアがある場合がほとんどで、一度の交通事故で椎間板ヘルニアが飛び出すことは非常にまれのようです。


次に交通事故で「頚部脊柱管狭窄症」の治療をされている方。この場合は、生まれつき脊髄が入っている頚椎の脊柱管が狭い人であったり、頚椎の老化現象で脊柱管が狭くなった人のケースみたいです。


あとは交通事故で「バレリュー症候群」の治療をされている方。この場合は、自律神経系の症状や軽度の脳神経の症状が出ているケース。


さいごに、これが一番厄介なのかもしれませんが「精神的苦痛」というもの。被害者意識というか、自分は悪くないのにというものですね。元々個人的に複雑な事情をかかえている場合や、 被害者自身の性格なども影響してきます。頚椎椎間板ヘルニアは治療によって完治させることも出来ますが、交通事故での精神的な傷はカウンセリングだけしか治療の手段はなく、更に交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの痛みと、頚椎椎間板ヘルニアの治療による苦痛が精神的苦痛をより深いものにしていき、治療が困難になってしまします。


交通事故については、加害者にも被害者にもならないように、日々の注意が必要だと思います。